【UD】パラリンピックとバリアフリー都市(1)

平昌オリンピック冬季大会が大きな感動の中で幕を閉じました。

3月9日からは10日間の日程でパラリンピックが始まります。 

https://www.pyeongchang2018.com/jp/paralympics/schedule

6種目は少ないように感じるかもしれませんが、種目によっては立位・座位・視覚障害と、障害種別に分かれているものもあり、実際の競技数はかなり多く多彩です。オリンピックとはまた違った、パラリンピアンの圧倒的なパフォーマンスに期待しています。


さて、先日は「2020パラリンピックで東京が変わる ~バリアフリー先進都市へ~」と題した公明党東京都本部女性局主催の講演会へ、目に障害を持つ友人や女性局のみなさんと一緒に参加しました。


講演では、国土交通省と都オリンピック・パラリンピック準備局のご担当者から、国や都で進めるバリアフリーの取り組みや大会に向けた機運醸成などについての紹介の後、太田昭宏前国交大臣から「各地域のバリアフリー化を公明党が先頭に立って進める」との挨拶があり、

メインの平田竹男・内閣官房オリパラ事務局長(早稲田大学大学院教授)による講演では、パラリンピックのシンボルマークや名称の解説(オリパラは平田さんの命名)や東京大会の概要の紹介から、心配される暑さ対策や首都直下地震が発生した場合の対応の重要性、そしてこれまで多くのアスリートとの関わりからのパラリンピックの進化などについて興味深いお話をいただきました。


東京2020パラリンピック競技大会も、オリンピック開催後の2020年8月25日から9月6日まで灼熱の13日間、そして天候も大変気になる季節の開催となります。

バリアフリーと一口に言っても、施設・移動や交通などのハード面、気候や災害などへの対応、また人間同士のささえあいによるソフト面(心のバリアフリー)まで多岐に渡り、こうした取り組みがバランスよく相互に関係しながら一体的に整えられていくことが求められます。

ロンドンの駅などは古くからある構造のため、ハード面ではまったくバリアフリーになっていない一方、心のバリアフリーが進んでいることにより周囲の助け合いで補われているとのことで、日本ではハード面で日本のテクノロジーの結集とともに、ソフト面で学校教育やボランティアなどを通じての「心のバリアフリー」のさらなる啓発に向けて取り組んで行く必要があります。


つづく(長いので2編に分けます。)

0コメント

  • 1000 / 1000