住宅のブロック塀など

先日、「近所に住宅のブロック塀が傾いているところがあるがどうしたらよいか。」とのお声をいただきました。 

府中市では、小中学校のブロック塀など公共部分の造作物などについて危険箇所の安全確認を進めていますが、公道に面した個人宅のブロック塀などについてはより具体的な対策が求められるところです。 

府中市だけの問題ではないので、国や都での対策が示されるまでの間、まず国交相から示されているブロック塀の点検を促す情報が市のホームページにアップされています。

「ブロック塀の点検等について」 http://www.city.fuchu.tokyo.jp/kurashi/machi/kenchiku/broke.html

当然ホームページだけでは心もとないですから、できれば広報やメールマガジンなどより多くの市民の目に触れる方法で周知されることを望みます。 

6月19日の都議会公明党の代表質問では、大阪北部地震での事故を教訓に、通学路のブロック塀などの安全点検実施を訴えたのに対し、東京都は区市町村や関係機関に点検することを通達。

また、早急かつ厳格に調査を進めた上で、その結果を踏まえ、公私立の小中学校や幼稚園、保育園をはじめ、通学路にある個人の住宅や工場など民間施設のブロック塀改修に向けた耐震化補助の拡充を求めています。 

それなりに時間はかかるかもしれませんが、防災・減災は積み重ねでもあります。市民も行政も共に意識を高め、取り組み続けて行かなければなりません。

西村りくのブログ 2018

府中のまちとくらしをデザインする 市議会議員 西村りく

0コメント

  • 1000 / 1000