【UD】ユニバーサルな1日

この度の台風21号そして北海道胆振東部地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 

ご縁のある方もいらっしゃる北海道。1日も早い復旧を願います。 

本日は午前中、ボッチャの体験イベントに参加後、国際ユニヴァーサルデザイン協議会による「48時間デザインマラソン」公開プレゼンテーションを拝聴に芝浦工業大学へ。総裁の瑤子女王殿下もご臨席されました。

各企業の若手デザイナー達と様々な障がい当事者の方とで組まれた5つのチームが、2日間48時間という短い時間の中、チームで街を歩き、その気づきの中からコンセプトを立て、形にし、プレゼンテーションまでをつくり上げるというまさにマラソン的企画です。
今回はどのチームも、困っている人と助けたい人のお互いの意思疎通をサポートするといったアイデアが多かったと思います。
私の友人が関わっている「& hand」も、もとはこの48時間デザインマラソンで原石として生まれ、今は鉄道会社と実証実験が行われるまでになりました。

モノのデザインに限らず、私たちが日ごろ取り組んでいる地域でのささえあい活動や災害時に応用できることもあるはずです。
構想で終わらず、市場にいかにして送り出し、なおかつ多くの人に使われ、喜ばれる存在になるか。100%の障がい者はいない。100%の健常者もいない。そんなみんなに喜ばれてこそのユニバーサルデザインです。


#ボッチャ #国際ユニヴァーサルデザイン協議会 #48時間デザインマラソン #ユニバーサルデザイン


西村りくのブログ 2018

府中のまちとくらしをデザインする 市議会議員 西村りく

0コメント

  • 1000 / 1000