行政書士による被災者支援

東京都行政書士会府中支部の研修会にお招きいただき、一昨年7月の熊本地震での行政書士による被災者支援について、熊本県行政書士会 高木昇さんの講演を拝聴しました。 

支援活動といえば消防・警察・自衛隊等による人命救助や復旧復興をイメージしますが、熊本の行政書士会は発災以降、行政に積極的に働きかけ、10日目からり災証明書の発行業務をスタートされました。

当時の現場での気づきとして、

・役所は最後の砦として頑丈な庁舎でなければならないこと

・後付けでも行政と協定を締結すること

・役所に来られない方へのり災証明書発行を積極的にフォローすべきこと

など、重要な示唆を与えていただいたように思います。

単なる手続き業務で終わらせるのでなく、役所へ来られない方へも寄り添うように委任状から手続き代行まで一軒一軒丁寧にご対応されていたことに大変共感しました。

西村りくのブログ 2018

府中のまちとくらしをデザインする 市議会議員 西村りく

0コメント

  • 1000 / 1000