がん教育の授業を参観

今日は文教委員会、議会報編集委員会を経て、白糸台小学校での6年生を対象とした保健の研究授業「病気の予防『がんと健康』」を参観に伺いました。

帰りに体育館も見学。

まもなく卒業式です☆

公明党が推進している #がん教育 の一環ですが、今回白小では養護教諭の先生方が立ち上がり、通年で保健の授業のテーマを「病気の予防」として毎月シリーズで取り組んでこられました。

がん教育といっても単発で一度取り上げただけでは児童の中には入っていきません。

年間通して病気全般を取り上げ、向き合い、生活や予防、家族にも目を向けながらその本質を教え積み重ねてきたその9回目(最終回)が、「がん」です。45分という短い時間の中にその積み重ねてきた成果が凝縮されていたように思います。

成人後の検診率をもっと上げていくためにも教育の力は必要です。

今後はがんサバイバーなど外部講師の活用など今後のビジョンを熱く語られる先生方の熱い想いにも触れることができました。

市の健康推進課と小中学校の養護教諭の方々が繋がれば、きっと素敵な化学反応が起きるのではないかと夢を膨らませつつ学校を後にしました。とにかく勉強になりました。

西村りくのブログ 2020

府中のまちとくらしをデザインする 市議会議員 西村りく

0コメント

  • 1000 / 1000