海洋プラスチック汚染とプラスチックフリーライフ

10月26日の府中市ごみ減量・3R推進大会では、2年半前に公明党海ごみ対策推進委員会でもご意見いただいたことのある東京農工大学・高田秀重教授の講演があり、公明府中5人も参加し、拝聴しました。

海に流れ出たプラスチックごみが紫外線などで砕かれ、5ミリ以下の破片「マイクロプラスチック」となって漂流する海洋ごみ汚染が深刻となっていますが、その使用抑制を事業者に求める「改正海岸漂着物処理推進法」が公明党の推進で2018年に成立しました。
講演では教授のフィールドワークで集めた現物の提示など、説得力のあるプレゼンでした。
つくる側、使う側双方の本気の努力によって抑制していかなければ、地球の生態系だけでなく回り回って私たちの人体にも大きな影響を及ぼします。
これからのごみ減量・3Rも、食品ロスと併せて府中市にとっての新たなステージの始まりを感じました。

#海洋プラスチック汚染 #プラスチックフリーライフ #府中市ごみ減量3R推進大会 #府中市 #東京農工大学 #公明党 #マイクロプラスチック #改正海岸漂着物処理推進法

0コメント

  • 1000 / 1000