【府中市長選挙5日目】記憶に残る実績①

府中市長選挙5日目。いよいよ終盤戦です。

私たち公明党が高野のりお候補を応援するのは単なる運動論ではなく、防災や福祉、生活環境、教育、都市整備など多くの分野で公明党が推進する数々の政策を実現されてきたことは昨日の投稿でも触れました。

どんなものがあったのか思い返してみると、高野市長の英断でダイナミックかつスピーディに実現した多くの政策の中で特に私の記憶に強く残っているものは、学校がキーになるものが多いように思います。

・学校校舎(構造〜非構造部材)の耐震化と老朽化対策

・耐震化に係るLED照明へのダイナミックな転換

・大阪北部地震をを受けてのブロック塀の倒壊対応

・通学路への防犯カメラ設置 ・新給食センターでのアレルギー対応の充実

・普通教室〜特別教室へのエアコン設置

・今年度は小学校体育館へのエアコンを全校に設置など

学校は子ども達の学びの場であるだけでなく、地域の拠点であり、また大規模災害時には避難所にもなる重要な施設。

いずれも年度予算や補正予算に組み込まれたことを知った時の衝撃は記憶に強く刻まれています。

他自治体をリードするドラスティックな取り組みに、「確かに要望したけど、ここまでがっつりやっていただけるとは!」と会派5人で感動を噛み締めることが何度もありました。

政治とは「あたりまえ」をつくることなので、これらはどれも今となってはあたりまえです。

逆に、今できていないことは課題ですから、解決に向けて取り組まなければなりません。そして課題は尽きません。

同じ方向を向いて協力して進めて行くパートナーが、私たち議員にとっては行政の長である市長であり、そのリーダーシップのもとで働く職員の方々です。

市長という存在は、その手腕も人柄もリーダーシップもとても大切なのです。

市民にとって。市政にとって。現在も。未来も。

だからこそ「高野のりお」へみなさんの一票を、どうぞよろしくお願いします☆



#府中市長選挙 #府中市長選 #高野律雄 #高野のりお #府中 #府中市 #公明党 #公明府中 #西村りく

西村りくのブログ 2020

府中のまちとくらしをデザインする 市議会議員 西村りく

0コメント

  • 1000 / 1000